FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先にちょっと毒を吐かせて下さい。
どうも、こんばんは、ツカサです!
秋学期期末試験も終わって早2週間経ちます。
早いですねぇ。ほんとに。

さて、私はもう春休みなんですが…
なんと、部活があります_| ̄|○ il||li

なんとも、嬉しいのか嬉しくないのか、分からない。。。

そのことでですね、ちょっと毒を吐かせてほしいのです。
あれですよ、あれです。
人間、嫌になる時だってあるんです。
ツラい時だってあるんです。(私のブログ最近ツラそうなことばっかりな気もするけど…)
人生に行き詰まってる時もあるんです。

今、私は本当に行き詰まっています。困っています。
とにかく、この熱い気持ちをひとまず文章におさめておきたくて。
誰にも言わず、そっと自分の中で終わらせられるのがベストなんですよ。

だって、こんなの聞く方も、言う方も辛くなるから。
なんで、たたみます。
全然読んでくださらなくて大丈夫です!
次は普通の記事をすぐ後に書きますので!

ぜひぜひそっちを見て下さい!!
... Read more ▼

はい、それでは。
どうもです。
これは、本当に人様に見せるようなものでもないです。
ただ単に自分の頭の中を整理させるために書いているようなものです。

最近ですね、まぁ例が例のごとく、4月の中旬頃に行うであろうイベントに向けての会議が始まったり。
春休み中に行われる活動が始まったり。
とある後輩が辞めたいと言っていたり。

そんなこんなで、ちょっと、はい、ツラいんですよね、端的に言うと。
ツラいと思ってしまった発端は、恐らく本当にただただ今自分の目の前に広がっているこの部活の現状だと思います。

なんと言いますか、最近の後輩はハングリー精神が足りないと言いますか、最近の同回生は気が緩んでいるというか。
全体的な雰囲気が私から見てみれば、とても悪いです。
私の3年間いた中で恐らく最も悪い感じです。
何が悪いかと言うと、厳しい人がいなくなった、というのも事実ではあるでしょう。
真面目で誠実な人はたくさんいます。
しかし、厳しくて、規則を破ることに対してきちんと叱る。そういう人が少なくなってしまった。
そして、次にこの部活を一番だと考える人が少なくなったんじゃないかな、と思うんですよね。
これは、具体的に言うと、アナウンサーで言えば分かりやすいんですけど、アナウンススクールに通いながらこの部活に通うことです。
別に、そういった人がこの部活を一番じゃないと考えているわけではないと思うんですけど、分かりやすく説明したら、これかな、と。

何に比べても、勉強の二の次。遊びの二の次。バイトの二の次。
そして、これは私にも少し当てはまってしまうんですけれども、なんとなく活動をしに来る。

やることと言っても何もないけれど、とりあえず毎年この時期に活動をしているし、4月のイベントに向けた会議もしなくちゃいけないし、行っとこうか。
そんな感じ。

分かるんですよ、その気持ちは。
でも、そんな緩んだ気持ちが、今回私がここに書き込まなくちゃいけないぐらい私の心を追い込んでしまった事件が勃発したっていうことなんですよね、多分。

何もやることがない。
1回生も活動に来ないし、何も指導してあげることもない。
自分たちが集まって何かしら作品…みたいなものを作る?とは言っても、それが何に繋がるのか。
何にも繋がらないんですよね。

リクエスト曲を流す前に使われるジングル、と呼ばれるアイキャッチみたいなものなんですけど、
それをこの活動でいくら作っても、機材をいじる部門の部長が勝手に作ったものが結局お昼の放送では採用される。

活動でしたことは、何も実らない。

それなのに、来る意味があるのか?

答えは、Noだと今の私は思います。

そんなことを考えているくらいなら、来ないで勝手に自分の部屋で自分の好きなことでもしておけと。
バイトなり何なりして、私たちの邪魔をしないでくれと。

「今やってる部活は、本当に何もすることがなくて暇。だけど、それでも来ているっていうことは、何かしなくちゃ、行かなくちゃっていう気持ちが少しでもあるから来てるんだと思う。」
これは、私の彼に言われたことなんですけれども、本当にその通りだなあって思います。

本当にどうでもよくて、やる意義がないと思うのであれば、何かしら理由をつけて休むと思います。
でも、今の私にはどうしても、これに対する悪い感情がこみ上げてしまうんです。

「来る意義なんて見いだせない。けど、変に理由をつけて行かない勇気もない。」

これは、私が部員のみんなを信じきれていない証拠です。
でも、こうなってしまったのにも裏付けではないですけれど、理由はあるんです。

私たちの学年は今年1年間、各部門の部長として活動の中心をまわしてきました。
そして、私の彼はまあ、機材をいじる部門のパートの部長だったんです。
でも、一人で全部を背負いきれるはずもないと思って、出来る限りのことは手伝いたいなと思って、私は出来る限りやってきました。

その中でやっぱり一番思ったことが、自分のパートの人たち…だけではないですが…は、
協力的ではないな、ということです。

自分が何か案を出しても、誰かがついて来てくれない限り、何も活動ができないんですよね。
一人だけでは活動はできない。

一人だけでしかできないこともあるけれど、活動ってそういうもんじゃない。
活動というのは、みんなが一緒に何かをするということに意味があると思うんですよ。
でも、この「みんなが一緒に何かをする」っていうのは、本当に難しいんです。
何よりも難しかったです。

精一杯声をかけて、一緒にやりましょうよ、と。
何か一緒にやりたいと思えるようなことはできないのか、と。

出来る限りのことは精一杯やりました。
自分は助ける側だから。

助けた側だからこそ。


「部長なんだからお前が全部考えろよ」とか
「部長なんだから全部指示しろよ」とか
「部長が全部やってくれるのは当たり前でしょ」とか
そんなこと言えないんですよ。
そんなこと、絶対に言えない。

それが、部長にとって一番つらいもので、元はそうだったのかもしれないけれど、
でもみんなの部活なのに
みんなでやるものなのに
全部の責任が一人の背中に負わされて
それは、誰かが助けてあげなきゃ
だめなんじゃないの?

背負いきれないものだってあるのに

やってない人は文句言えるよ

文句言うことは簡単なんだから。
文句言うときは、文句を言う人は、何も考えないで言うんですよ。
本当に、残酷だなって。
苦しさなんて何も分かってないのに。
でも、それは伝えなくちゃいけないんだなっとも思う。
伝わってないからこそ、分からずに文句を言って、文句を言われて嫌な思いをして。
負のスパイラルの始まりですよ。

どうにかしなくちゃ。
この、「やることがない」「行くのがだるいと感じる」活動を。
どうにかしなくちゃ。

でも、どうしたらどうにかなるんでしょう?
私には未だに分からないんですよ。

未だに分からなくて、とりあえず悔しくて。

なんとか、文章にしてみたんですけど、長くなりましたね…

ちょっと書いたらスッキリ…したようなしてないようなw

まあ、少しスッキリしたんで、今日はここらへんで終わります。


それではまた次回!
スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付中)

基地案内

如月ツカサ

Author:如月ツカサ
ツカサです。
究極の寂しがりやな自分が色々語っていきます。
(・∀・)
構ってくれると嬉しがります、多分。どうぞ、よろしくお願いしますー。

ちなみに。
このブログは私の独断の偏見と8割の趣味(もとい、私の話したいこと)と9割(10割超えてる)の口下手により成り立っていますので、あらぬ誤解を招くこともありますでしょうが、ご了承ください。

あ、リンクはフリーです。
(一応リンクする際に報告はしていただけると嬉しいです。)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
リンク
バナー付リンク集
●当ブログのバナー●
●みぃさんのブログ● ●ホームページ●
(ちなみに私のやっている方は本館です)
カテゴリ
ぐーたらカウンター
一応メールフォーム。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。